■P検資格コースのご案内

高校・大学・専門学生の方は、お得な学割価格で受講できます。詳しくはパソコン市民IT講座ホームページ「学割プラン」にてご確認ください。



■P検(パソコン検定)対策講座

P検ってどんな資格?

 

P検は、ワードやエクセル等が使えるといったことだけではなく、パソコン全般の知識も含む総合的なICT(情報通信技術)活用能力を問う試験です。

英検のようにレベルに合わせた級があり、5級から1級まで用意されています。パソコンスキルや情報活用スキルを向上させたい方にお勧めの資格で、一部の大学入試での優遇や単位認定に指定されていることもあり、学生の方も多く受験されています。

◎メリット1

パソコンスキル全般がわかる証明

WordやExcelだけでなく、パソコンの知識やタイピングの速さ等、パソコン全般の知識を持っていることを証明できます。

 

 

 

◎メリット2

業務で必要な問題解決力が身に付く

断片的な知識・技能があるかないかではなく、「職務遂行の課題や問題を、自身が有する知識や技能を発揮して解決することが出来る能力」が身に付きます。

 

 



◎メリット3

自分に必要なレベルに合わせて

P検は5級から1級まで、受験者の目標に合わせて受験できます。パソコン初心者も、少しずつ下からステップアップして受験をすることが出来ます。

 

 

◎メリット4

学習指導要領に準拠

P検は、2012年・2013年、中学・高等学校において改定された「学習指導要領」に幅広く準拠しています。情報授業の延長線上に位置する資格試験です。

(4級~準2級)

 


P検の各級の対象レベルは?

4級...4級は、ICTの基礎的な知識・技術を持っていて、人を頼りながら初歩的な業務が行えるレベルの人を対象とした資格です。

 

3級...(入社時に必要とされるスキルレベル)…3級は、基本的なICT活用における職務の遂行と問題解決を人に頼らずに出来るレベルの人を対象とした資格です。

 

準2級...(ビジネスに必要とされるスキルレベル)…準2級は、高度なICT活用における職務の遂行と問題解決が出来る人を対象とした資格です。部門内の情報環境(PC接続など)を行なえるレベルです。

 

2級...(ICT活用におけるスペシャリスト)…2級は、ICT活用の総合力があり、高いレベルでビジネス用の問題解決が出来る人を対象とした資格です。周囲に対してICTに関する指導が出来るレベルです。

 

1級...(ICT活用におけるリーダー)…1級は、ICT活用によるビジネス評価の増大をリード出来る人材を対象とした資格です。企業内におけるICTに関する推進が出来るレベルです。

 

P検資格対策コース●

 

 3級 25回(25時間)

 

2級 30回(30時間)

 

(受講時間は各個人スキルによって変動します)